サービス

リスク計測の効率化に係る助言サービス

業務効率化の変革に向けて

金融機関の業務効率化に関するソリューションは多岐に亘りますが、本助言サービスでは、金融機関の経営の健全性確保のための重要な要素である、リスク計測における業務の効率化に焦点を当てております。

デロイト トーマツ グループのソリューション

デロイト トーマツ グループでは、これまで多くの金融機関に対して、リスク計測の高度化に係るサービス提供や業務変革に携わってきた知見を活用し、リスク計測の効率化に係る助言サービスを提供します。具体的には、「入力の効率化」を中心にリスク計測の効率化を図ります。また、「レポーティング内容の見直し」、「リスク計測に係る課題抽出」 および「文書化」等に係る助言サービスも提供します。

(PDF、772KB)

入力の効率化
多くの金融機関において、リスク計測は計測システムの導入等によって、見かけ上は自動計算されています。しかし実際には、取引データ等が異なる形式で管理されていることにより、システムへデータを取り込む際にデータの加工や入力に手作業が必要となることがあります。また、取扱商品の追加によって、異なる形式のデータが増えていくことで膨大な作業が発生し、業務が煩雑になっていることもあります。
これらを解決し、データの入力に関して作業を効率化するための助言サービスを提供します。

レポーティング内容の見直し
経営判断の材料としてより活用しやすいよう、リスク管理委員会等へのレポーティング内容の見直しに係る助言サービスを提供します。

リスク管理に係る課題の抽出
課題を抽出するにあたり、まずは保有商品に含まれるリスクを一覧化します。一覧をもとに管理がされていない未捕捉リスクの特定や、各リスクの計測頻度の検討に係る助言サービスを提供します。

文書化
計測ロジックやデータフロー等と作業手順を記載したマニュアル等の整備に関して助言サービスを提供します。計測ロジックやデータフロー等を文書化することで、業務の属人化を防ぎ、当初の担当者が不在となった場合でもブラックボックス化を避けることが可能です。また、業務未経験の方でも業務フローを把握しやすくなります。