ナレッジ

中国企業会計準則シリーズ 第32回 会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬の訂正

『トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2013年4月号)

「企業会計準則第28号ー会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬の訂正」を解説します。(月刊誌『会計情報』2013年4月号)

関連コンテンツ

著者: 中国室

 今回は、「企業会計準則第28号ー会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬の訂正」(以下、「28号準則」)を解説します。
 28号準則は、総則、会計方針、会計上の見積りの変更、過年度の誤謬の訂正、開示の5章から構成されています。28号準則は、基本的には国際財務報告基準(IFRS)に同一の内容となっています。また、これらの会計処理は、日本の会計基準とも同一の内容です。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(512KB, PDF)
お役に立ちましたか?