ナレッジ

IASBによるデリバティブの更改に関する公開草案の公表

IFRS in Focus(月刊誌『会計情報』2013年5月号)

国際会計基準審議会(IASB)が2013年2月に公表した、公開草案ED/2013/2「デリバティブの更改とヘッジ会計の継続(IAS 第39号及びIFRS 第9号の修正案)」について解説しています。(月刊誌『会計情報』2013年5月号)

関連コンテンツ

著者: トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

要点
•本ED は、ヘッジ手段のデリバティブの契約の相手方を集中清算機関(CCP)に更改する際に、特定の要件を充足する場合、(IAS第39号及び公表予定のIFRS 第9号のヘッジ会計の規定において)ヘッジ会計の継続を認めることを提案している。
•店頭デリバティブに関して、いくつかの法域において法令及び規則を変更し、そのうちの多くの法域が契約の相手方を集中清算機関に更改することを要求しているが、本ED は、こうした状況に対応している。
•本提案のコメント期限は、2013年4月2日である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(482KB,PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック