ナレッジ

厚生年金基金制度の見直しと会計上の論点

平成25年6月26日に公布された改正厚年法に伴う、厚生年金基金制度の見直しとこれに関する加入企業における会計上の論点について取扱います。(月刊誌『会計情報』2013年12月号)

関連コンテンツ

著者: 公認会計士 後藤 知弘

 平成25年6月19日、第183回国会において「公的年金制度の健全性及び信頼性の確保のための厚生年金保険法等の一部を改正する法律」(以下、「改正厚年法」)が可決、成立し、6月26日に公布された改正厚年法は、公的年金制度の健全性及び信頼性確保を図るため、厚生年金基金について他の企業年金制度への移行を促進しつつ、特例的な解散制度の導入等を行う等の所要の措置を講ずることを目的として制定された。今後、厚生年金基金はその姿を大きく変えることが想定される。
 本稿では厚生年金基金制度の見直しとこれに関する加入企業における会計上の論点について取扱う。なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。
 

(521KB,PDF)
お役に立ちましたか?