ナレッジ

あらゆる危機的事象を乗り越えるための戦略と対応「事業継続ガイドライン―あらゆる危機的事象を乗り越えるための戦略と対応―(平成25年8月改定)」の解説(その2) BCMのプロセス

月刊誌『会計情報』2013年12月号

「事業継続ガイドライン─あらゆる危機的事象を乗り越えるための戦略と対応─」についての解説後編です。前号に引き続きBCMのプロセスについて記載しています。

関連コンテンツ

著者: 公認会計士・公認不正検査士 小堀 一英、 CBCP・CISSP 尾嶋 博之

事業継続戦略の検討に当たっては、優先的に対応すべき発生事象(インシデント)を念頭に置いて行うものの、BCMは「どのような危機的な事象が発生しても重要業務を継続する」という目的で実施するものであることも考慮することが重要であるとされている。

※続きは添付ファイルをご覧ください。
 

(562KB,PDF)
お役に立ちましたか?