ナレッジ

中国企業会計準則シリーズ~ 第40回 関連当事者の開示

『トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2013年12月号)

「企業会計準則第36号–関連当事者の開示」を解説します。(月刊誌『会計情報』2013年12月号)

関連コンテンツ

著者: 中国室

 今回は、「企業会計準則第36号–関連当事者の開示」(以下、「36号準則」)を解説します。
 36号準則は、総則、関連当事者、関連当事者との取引、開示の4章から構成されています。36号準則の内容は、国際財務報告基準(IFRS)の考え方を踏襲した内容となっています。

※続きは添付ファイルをご覧ください。
 

(481KB,PDF)
お役に立ちましたか?