ナレッジ

ヘッジ会計の改良:リスク管理のより密接な反映

IFRS in Focus (月刊誌『会計情報』2014年1月号)

国際会計基準審議会(IASB)は、国際財務報告基準(IFRS)第9号の一部を構成する新たなヘッジ会計のガイダンスを最終化した。本稿ではIFRS第9号について、IAS第39号と比較しながら説明しています。(月刊誌『会計情報』2014年1月号)

関連コンテンツ

著者: トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

 国際会計基準審議会(IASB)は、国際財務報告基準(IFRS)第9号の一部を構成する新たなヘッジ会計のガイダンスを最終化した。しかし、IFRS第9号を適用する企業は、本基準でIAS第39号又はIFRS第9号におけるヘッジ会計モデルのいずれを適用するかについて、会計方針の選択を有する。IASBは、マクロ・ヘッジ・プロジェクトの作業を最終化する際に、この会計方針の選択について再検討する予定である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

関連リンク

『会計情報』購読の申し込み
年間購読料:7,200円(送料・消費税込み)申

(634KB,PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック