ナレッジ

農業ビジネスを取り巻く環境と企業の参入実態

近年、世界レベルでの人口増加、生活水準の向上等により、食や農林水産業を取り巻く環境が劇的に変化している。民間企業も農林水産業ビジネス参入に向けた動きを加速している。また、農林水産業者による異業種への新規参入、異業種との連携といった「6次産業化」が拡大するなど、業種を超えたビジネスの拡大が見られる。本稿では、日本農業を取り巻く環境を整理すると共に、農業ビジネスの動向を明らかにします。(月刊誌『会計情報』2014年1月号)

関連コンテンツ

著者: 農林水産業ビジネス推進室 公認会計士 藤井 義大、三浦 勇介

 近年、世界レベルでの人口増加、生活水準の向上等により、食や農林水産業を取り巻く環境が劇的に変化している。民間企業もこれをビジネスチャンスと捉え、農林水産業ビジネス参入に向けた動きを加速している。また、農林水産業者による異業種への新規参入、異業種との連携といった「6次産業化」が拡大するなど、業種を超えたビジネスの拡大が見られる。

※続きは添付ファイルをご覧ください。
 

(549KB,PDF)
お役に立ちましたか?