ナレッジ

中国における「企業製品原価計算制度(試行)」の解説

『トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2014年3月号)

2013年8月付で財政部より公表された「企業製品原価計算制度(試行)」、本稿では特に、中国に進出している日系企業で一般的に見られる製造業、卸売小売業、建築業、ソフトウェア及び情報技術サービス業を中心に解説します。(月刊誌『会計情報』2014年3月号)

関連コンテンツ

著者: 中国室

 2013年8月付で財政部より公表された「企業製品原価計算制度(試行)」(以下、原価計算制度)を解説します。原価計算制度は、総則、製品原価計算対象、製品原価計算項目と範囲、製品原価の集計・配賦・振替、附則の5章から構成されています。原価計算制度は、製造業、農業、卸売小売業、建築業、不動産業、採鉱業、交通運輸業、情報伝送業、ソフトウェア及び情報技術サービス業、文化業及びその他の業種の大中型企業に、2014年1月1日から適用されています。なお、企業製品原価計算制度は、金融保険業には適用されません。
 本稿では、中国に進出している日系企業で一般的に見られる製造業、卸売小売業、建築業、ソフトウェア及び情報技術サービス業を中心に解説します。
 但し、業種別に規定が設けられていますが、日本の「原価計算基準」のように原価計算について詳細な記述をしているものではありません。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(139KB,PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック