ナレッジ

中国企業会計準則シリーズ 第4回 公正価値測定-改訂版

『トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2014年7月号)

今回は、2014年1月に新しく公表された「企業会計準則第39号-公正価値測定」を解説します。(月刊誌『会計情報』2014年7月号)

関連コンテンツ

今回は、2014年1月に新しく公表された「企業会計準則第39号-公正価値測定」(以下、「39号準則」)を解説します。

39号準則は、総則、関連する資産又は負債、秩序ある取引及び市場、市場参加者、公正価値の当初測定、評価技法、公正価値ヒエラルキー、非金融資産の公正価値測定、負債及び企業自身の資本性金融商品の公正価値測定、市場リスク又は信用リスクを相殺できる金融資産と金融負債の公正価値測定、公正価値の開示、移行規定、付則の13章から構成されています。なお、関連する応用指南は、公表されていません。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(516KB, PDF)
お役に立ちましたか?