ナレッジ

ファイナンス組織が推進する企業価値の創造

ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション)シリーズ 第3回(月刊誌『会計情報』2014年8月号)

組織全体に変革をもたらすアジェンダである『企業価値創造』において活用可能な「リスクアペタイト」という概念と「シナリオ分析」という手法、またそれらを戦略リスク管理に活用することで経営管理を高度化する手法をご紹介します。(月刊誌『会計情報』2014年8月号)

関連コンテンツ

著者: デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー㈱ 公認会計士 荒川 大
    有限責任監査法人トーマツ CFA協会認定証券アナリスト 中山 貴司
    デロイト トーマツ コンサルティング㈱ 小柳 暁子

グローバルな情報や経済の結びつきが強まる中、政治、技術、人口、エネルギーなど様々な分野で不確実性が増している。ある地域で発生した予期せぬ事象が世界各地に飛び火するような環境では、中期的な事業計画を従来型のボトムアップのアプローチで作成すると、事業ひいては会社そのものに想定外の結果がもたらされる可能性が高まる。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(811KB, PDF)
お役に立ちましたか?