ナレッジ

IASBが、金融資産の分類及び測定を変更し、予想損失減損モデルを導入するIFRS第9号を最終化

IFRS in Focus (月刊誌『会計情報』2014年9月号)

本IFRS in Focusにおいて議論される修正は、追加される最終 的な要求事項であり、IFRS第9号を完全なものにしている。(月刊誌『会計情報』2014年9月号)

関連コンテンツ

著者: トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

IAS第39号「金融商品:分類及び測定」を置き換えるIASBのプロジェクトは、2008年に開始され、フェーズごとに完了してきた。IASBは、2009年、最初に金融資産の新しい分類及び測定のモデルについてのIFRS第9号を公表し、続いて、2010年に金融負債と認識の中止についての要求事項を追加した。その後、IFRS第9号は、新しい一般ヘッジ会計の要求事項を追加するために2013年に修正された。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(574KB, PDF)
お役に立ちましたか?