ナレッジ

企業不祥事、不正対応の現場 ~平時に生かす、有事対応の現実~ 第1回 「営業秘密」と産業スパイ

(月刊誌『会計情報』2014年9月号)

フォレンジックサービスが経験した企業不祥事、不正対応の現場を紹介いたします。(月刊誌『会計情報』2014年9月号)

関連コンテンツ

著者: デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー㈱ フォレンジックサービス 木原 京一

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー株式会社(以下、DTFA) フォレンジックサービスは、企業のさまざまなリスクへの対処、予防、発見の業務経験を有する企業不祥事を専門とするスペシャルチームである。 例えば、不正・不祥事が発覚した企業に対しては、効果的な事実解明や解決策の提供などによって、社内調査の信頼性を補強するばかりでなく、再発防止策の策定や不正実行者の責任追及等、調査後も企業価値の回復に向けて継続的な支援を行い、不正リスクに有効な内部管理体制構築のアドバイスや内部監査の支援、各種研修サービスも提供している。

本連載では、フォレンジックサービスが経験した企業不祥事、不正対応の現場を紹介しながら、実際の企業不祥事を有事と捉え、有事を想定した平時の運用に生かしていただき、対岸の火事とせず、他山の石として貴社のリスク管理に役立てていただければ幸いである。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(614KB, PDF)
お役に立ちましたか?