ナレッジ

グローバル連結経営の観点から考える移転価格対応

ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション)シリーズ 第4回(月刊誌『会計情報』2014年9月号)

第4回となる本稿では、外的要請による変革アジェンダの1つとして移転価格を取り上げます。(月刊誌『会計情報』2014年9月号)

関連コンテンツ

著者: 税理士法人トーマツ 山田 真毅

ファイナンス組織の変革アジェンダについては、本誌2014年6月号(Vol.454)に掲載した第1回「ファイナンス組織に求められる変革」の中でご紹介したが、第4回となる本稿では、外的要請による変革アジェンダの1つとして移転価格を取り上げたい。

事業のグローバル化が進むにつれて、よりシステマチックな移転価格問題への対応の必要性が増大している。移転価格とは簡単にいうと企業グループ内の取引価格のことで、グループ企業ではない第三者との取引価格(「独立企業間価格」と言う)と移転価格が異なる場合、独立企業間価格で取引したと見なして課税する制度が移転価格税制である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(597KB, PDF)
お役に立ちましたか?