ナレッジ

ファイナンス組織と人財の進化における戦略

ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション) シリーズ 第6回(月刊誌『会計情報』2014年11月号)

第6回となる本稿では、ファイナンス組織の未来と進化の道筋と、ファイナンス人財の変革の考え方について、それぞれ具体的な事例を交えながら紹介します。(月刊誌『会計情報』2014年11月号)

関連コンテンツ

著者: デロイト トーマツ コンサルティング㈱ 三上 徳朗、香川 彰

グローバル化が進展する昨今、日本企業からのグローバルに関する複雑な案件の相談・問合せが増えており、経理・財務に関しても、課題が1つの部門で完結することは少なく、アジェンダが複雑化してきている。このような背景を踏まえ、ファイナンス組織の変革アジェンダについてシリーズで整理している。第6回となる本稿では、ファイナンス組織の未来と進化の道筋と、ファイナンス人財の変革の考え方について、それぞれ具体的な事例を交えながら紹介したい。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(689KB, PDF)
お役に立ちましたか?