ナレッジ

中国企業会計準則シリーズ 第8回 他の企業への関与の開示-新設

『トーマツ チャイナ ニュース』 (月刊誌『会計情報』2014年11月号)

今回は、2014年3月に改訂された「企業会計準則第41号-他の企業への関与の開示」(以下、「41号準則」)を解説します。(月刊誌『会計情報』2014年11月号)

関連コンテンツ

著者: 中国室

今回は、2014年3月に改訂された「企業会計準則第41号-他の企業への関与の開示」(以下、「41号準則」)を解説します。

41号準則は、総則、重大な判断及び仮定の開示、子会社への関与の開示、共同支配の取決め及び関連会社への関与の開示、非連結の組成された企業への関与の開示、移行規定、付則の7章から構成されています。なお、関連する応用指南は、公表されていません。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(515KB, PDF)
お役に立ちましたか?

関連トピック