ナレッジ

Post M&Aを通じて目指すべきファイナンス組織のあり方

ファイナンス組織変革(ファイナンストランスフォメーション)シリーズ 第7回(月刊誌『会計情報』2014年12月号)

第7回となる本稿では、1.M&Aが経営戦略の手段として一般化する中で、実行体制の整備やノウハウ蓄積が課題、2.M&A後のシナジー効果を高めるにはファイナンス組織の関与が必要、3.平時の備えが重要。これらの点について説明します。(月刊誌『会計情報』2014年12月号)

関連コンテンツ

著者: デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー㈱ 公認会計士 荒川 大
    デロイト トーマツ コンサルティング㈱ 友野 敬介

1. M&Aが定常化する中でのファイナンス組織

ビジネス環境の変化と経営課題の複合化に対応するための、ファイナンス組織の変革アジェンダについてシリーズで解説しているが、第7回となる本稿では、M&Aが定常化する中でのファイナンス組織のあり方について取り上げる。日本企業による海外M&Aが増加する中、自社のM&Aの成功に貢献するためにファイナンス組織はどのような機能を具備あるいは強化すべきだろうか。

本稿でお伝えしたいポイントは以下の3つである。(1)M&Aが経営戦略の手段として一般化する中で、実行体制の整備やノウハウ蓄積が課題、(2)M&A後のシナジー効果を高めるにはファイナンス組織の関与が必要、(3)平時の備えが重要。これらの点について説明したい。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(671KB, PDF)
お役に立ちましたか?