ナレッジ

「会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」及び「金融商品会計に関するQ&A」の改正について(公開草案)」の解説

(月刊誌『会計情報』2015年4月号)

平成27年2月6日に、日本公認会計士協会より公表された、「会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」及び「金融商品会計に関するQ&A」の改正について」(公開草案)の概要について解説します。(月刊誌『会計情報』2015年4月号)

関連コンテンツ

著者:公認会計士 内田 彰彦

平成27年2月6日に、日本公認会計士協会は、「会計制度委員会報告第14号「金融商品会計に関する実務指針」及び「金融商品会計に関するQ&A」の改正について」(公開草案)を公表し、コメントを募集している。コメントの募集期間は3月9日までで、公開草案の原文は日本公認会計士協会のホームページから入手できる。

本稿では公開草案の概要について解説する。なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見であり、有限責任監査法人トーマツの見解ではないことをあらかじめお断りしておく。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(492KB, PDF)
お役に立ちましたか?