ナレッジ

ASBJが改正企業会計基準第1号「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」等を公表

(月刊誌『会計情報』2015年5月号)

平成27年3月26日、企業会計基準委員会(ASBJ)より公表された改正企業会計基準第1号「自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準」等について解説しています。(月刊誌『会計情報』2015年5月号)

関連コンテンツ

著者: 『会計情報』編集部

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成26年3月26日付で、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令」(平成26年内閣府令第19号)が施行され、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(以下「財務諸表等規則」という。)等が改正されたことを受け、これまで公表した会計基準(適用指針、実務対応報告を含む。以下「会計基準等」という。)の見直しを検討してきた。

今般、平成27年3月20日の第308回企業会計基準委員会において、以下の会計基準等(以下「本会計基準等」という。)の公表が承認されたことを受け、平成27年3月26日に本会計基準等が公表された。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(455KB, PDF)
お役に立ちましたか?