ナレッジ

金利スワップの特例処理及び為替予約等の振当処理

金融商品会計論点シリーズ 第5回 (月刊誌『会計情報』2015年8月号)

第5回は、ヘッジ会計の方法としての金利スワップの特例処理及び為替予約等の振当処理に関する論点を取り上げます。(月刊誌『会計情報』2015年8月号)

関連コンテンツ

著者: 公認会計士 園生 裕之

第5回は、ヘッジ会計の方法としての金利スワップの特例処理及び為替予約等の振当処理に関する論点を取り上げる。文中の意見にわたる部分は、筆者の私見であり、有限責任監査法人トーマツの見解ではないことをあらかじめお断りしておく。

本稿では、会計基準等を以下のように略称する。

※続きは添付ファイルをご覧ください。 

(579KB, PDF)
お役に立ちましたか?