ナレッジ

修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)の概要

(月刊誌『会計情報』2015年9月号)

2015年6月30日に、企業会計基準委員会が公表した、修正国際基準及び連結財務諸表規則等改正(案)について解説しています。(月刊誌『会計情報』2015年9月号)

関連コンテンツ

著者:公認会計士 石原 宏司

2015年6月30日、企業会計基準委員会(ASBJ)は、修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)(Japan’s Modified International Standards:Accounting Standards Comprising IFRSs and the ASBJ Modifications、略称「JMIS」)の公開草案(以下、「修正国際基準」という。)を公表した。

また、同日に金融庁は、修正国際基準の適用が制度上可能となるように、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改正する内閣府令(案)」等(以下、「連結財務諸表規則等改正(案)」という。)を公表し、7月30日までコメントを募集した。

本稿では、修正国際基準及び連結財務諸表規則等改正(案)の概要を解説する。なお、文中意見にわたる部分は私見である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(602KB, PDF)
お役に立ちましたか?