ナレッジ

IASBが、2つの論点を明確化するIAS第19号及びIFRIC第14号の修正を提案

IFRS in Focus(月刊誌『会計情報』2015年9月号)

本IFRS in Focusは、2015年6月に公表された「制度改訂、縮小又は清算時の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性に示された、「従業員給付」及び「IAS第19号-確定給付資産の上限、最低積立要件及びそれらの相互関係」の修正案を要約したものです。(月刊誌『会計情報』2015年9月号)

関連コンテンツ

著者: トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

本IFRS in Focusは、一般のコメントを募集するため2015年6月に公表された公開草案ED/2015/5「制度改訂、縮小又は清算時の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号及びIFRIC第14号の修正案)」(ED)に示された、IAS第19号「従業員給付」及びIFRIC第14号「IAS第19号 ─ 確定給付資産の上限、最低積立要件及びそれらの相互関係」の修正案を要約したものである。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(485KB, PDF)
お役に立ちましたか?