ナレッジ

IFRS解釈指針委員会が、解釈指針案「外貨建取引と前渡・前受対価」を公表

IFRS in Focus(月刊誌『会計情報』2016年1月号)

IFRS解釈指針委員会が、解釈指針案「外貨建取引と前渡・前受対価」を公表について解説。本IFRS in Focusは、IFRS解釈指針委員会が一般のコメントを求めるために2015年10月に公表した、最近のIFRIC解釈指針案DI/2015/2「外貨建取引と前渡・前受対価」(「本解釈指針案」)で提案された内容を要約したものである。(月刊誌『会計情報』2016年1月号)

関連コンテンツ

著者: トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

本IFRS in Focusは、IFRS解釈指針委員会が一般のコメントを求めるために2015年10月に公表した、最近のIFRIC解釈指針案DI/2015/2「外貨建取引と前渡・前受対価」(「本解釈指針案」)で提案された内容を要約したものである。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(492KB, PDF)
お役に立ちましたか?