ナレッジ

企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の解説

(月刊誌『会計情報』2016年2月号)

企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」の解説。(月刊誌『会計情報』2016年2月号)

関連コンテンツ

著者:公認会計士 藤本 貴子

企業会計基準委員会(以下、「ASBJ」という)において、平成27年12月28日に、企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(以下、「本適用指針」という)が最終公表された。本適用指針は、平成27年5月26日に公開草案が公表された後、ASBJに寄せられたコメントを検討し、公開草案の一部修正を行った上で公表されたものである。以下、本適用指針の概要を解説する。

なお、文中、意見に関する部分は私見である。 

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(567KB, PDF)
お役に立ちましたか?