ナレッジ

CFO組織の未来予想図(4)情報の可視化を基礎とした財務管理の革新

(月刊誌『会計情報』2016年2月号)

CFO組織の未来予想図について解説。4回目となる本稿では、財務管理の高度化・効率化の土台となる情報の可視化、その中でも基本となる口座情報の可視化に焦点を当てている。(月刊誌『会計情報』2016年2月号)

関連コンテンツ

著者:デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 伊藤 薫
   デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 近藤 泰彦
   デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 松井 詩帆

いま、財務管理に注目が集まっている。グループ全体で保有する外貨資産・負債を可視化し、それらを適切に管理しようとするリスク管理の高度化や支払・為替業務の集約といった各種オペレーションの効率化など、規模の大小を問わず、多くの日本企業が財務管理に関する取り組みを進めようとしている。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(635KB, PDF)
お役に立ちましたか?