ナレッジ

IASBが、IFRS第16号「リース」を公表

IFRS in Focus (月刊誌『会計情報』2016年3月号)

IASBが公表した新基準であるIFRS第16号「リース」について解説。(月刊誌『会計情報』2016年3月号)

関連コンテンツ

著者:トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

IFRS第16号は、オペレーティング・リースとファイナンス・リースに適用される会計処理が大きく異なることによる財務諸表間の比較可能性の低下や、オペレーティング・リース及びリース契約から生じるリスクに対する企業のエクスポージャーに関して提供される情報が限定されているという、財務諸表利用者により指摘された懸念に対処するため、IASBが米国の基準設定主体である米国財務会計基準審議会(FASB)と共に着手した共同プロジェクトの成果である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(580KB, PDF)
お役に立ちましたか?