ナレッジ

会計保管文書管理弁法

『デロイト トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2016年4月号)

中国財政部、国家档案局が2015年12月に改正を公表し、2016年1月1日から施行されている「会計保管文書管理弁法について解説。(月刊誌『会計情報』2016年4月号)

関連コンテンツ

著者:公認会計士 上村 哲也

今回は、中国財政部、国家档案局が2015年12月に改正を公表し、2016年1月1日から施行されています「会計保管文書管理弁法」(以下、“管理弁法”と表記)について解説いたします。

改正後「管理弁法」の中で、会計保管文書は、企業が会計処理等行う過程で受け取った、あるいは作成した、企業の経済取引事象を記録反映する、保存価値を有する文字や図表等様々な様式の会計資料を指し、コンピューター等の電子機器により作成、伝送、保管された電子会計保管文書を含むとされています。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(517KB, PDF)
お役に立ちましたか?