ナレッジ

IASBがIFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の明確化を公表

IFRS in Focus(月刊誌『会計情報』2016年6月号)

本稿は、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」への最近の修正(本修正)を要約したものである。(月刊誌『会計情報』2016年6月号)

関連コンテンツ

著者:トーマツ IFRSセンター・オブ・エクセレンス

本IFRS in Focusは、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」への最近の修正(本修正)を要約したものである。

なぜ本修正が公表されたか?
本修正は、IFRS第15号及び米国会計基準における会計基準編纂書(ASC)トピック606の適用に関する潜在的な論点に対応するために設定されたIASBと米国財務会計基準審議会(FASB)の合同の収益認識移行リソース・グループ(TRG)が受け取ったフィードバックに対応して公表されている。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(520KB, PDF)
お役に立ちましたか?