ナレッジ

中国国家税務総局が事前確認管理の規範化に関する公告を公布

『デロイト トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2017年1月号)

中国の国家税務総局(税務総局)は2016年10月11日付で「事前確認管理の規範化に関する公告」(国家税務総局公告2016年第64号:64号公告)を公布しました。(月刊誌『会計情報』2017年1月号)

関連コンテンツ

著者:米国公認会計士 板谷 圭一

税務総局が2016年6月に「関連者間取引申告と同期資料と管理に関する公告」(国家税務総局公告2016年第42号)を公布して以降、64号公告は「特別納税調整実施弁法(試行)」(国税発[2009]2号)の関連内容に係る中国の特別納税調整税制でもう一つの重要な法規であり、中国事前確認制度の管理におけるマイルストーンでもある。64号公告は「特別納税調整実施弁法(試行)」(国税発[2009]2号:2号通達)の事前確認管理の関連内容を修正したものであり、2016年12月1日に施行されることになり、2号文第六章の事前確認管理に関する章は同時に廃止される。

本ニュースレターでは、以下のトピックに分けて解説する。

(1) 事前確認申請に関する変更点
(2) 締結過程にかかわる各級税務機関
(3) 事前確認手続の変更点
(4) 事前確認適用年度および遡及期間の調整および明確
(5) 一国のみの事前確認の情報交換
(6) その他
(7) デロイトのコメント

 

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(600KB, PDF)
お役に立ちましたか?