ナレッジ

IAS19 に関する数理実務基準(Actuarial Standard of Practice in relation to IAS 19 Employee Benefits)

(月刊誌『会計情報』2017年2月号)

平成28年3月28日に公益社団法人日本年金数理人会と 公益社団法人日本アクチュアリー会より、「IAS19に関する数理実務基準(Actuarial Standard ofPractice in relation to IAS 19 Employee Benefits)」が公表されました。(月刊誌『会計情報』2017年2月号)

関連コンテンツ

著者:年金数理人 日比野 渉

平成28年3月28日に公益社団法人日本年金数理人会と公益社団法人日本アクチュアリー会より、「IAS19に関する数理実務基準(Actuarial Standard of Practice in relation to IAS 19 Employee Benefits)」が公表された。

本稿では、退職給付会計に関する数理実務基準との違いも含めてその内容の一部を紹介する。

なお、文中の意見に係る部分は筆者の私見である。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(566KB, PDF)
お役に立ちましたか?