ナレッジ

税務情報 複数の政府部門が共同奨励を実施、税関高級認証企業資格の価値が更に高まる

『デロイト トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2017年5月号)

中国国家発展改革委員会、中国人民銀行、税関総署等を含む40の政府部門が2016年10月に「税関高級認証企業に対する共同奨励実施の協力に関する覚書」を公布しました。(月刊誌『会計情報』2017年5月号)

関連コンテンツ

著者:米国公認会計士 板谷 圭一

中国国家発展改革委員会、中国人民銀行、税関総署等を含む40の政府部門が2016年10月に「税関高級認証企業に対する共同奨励実施の協力に関する覚書」(以下「覚書」)を公布した。これは、輸出入分野における信用システムの構築が成熟しつつあることの表れであり、税関高級認証企業は複数の政府部門からより多くの優遇措置を受けられることが予想される。

本稿では、以下のトピックに分けて解説する。

(1) 背景
(2) 覚書とその影響
(3) デロイトのコメント

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(595KB, PDF)
お役に立ちましたか?