ナレッジ

専門業務実務指針4400「合意された手続業務に係る実務指針」の解説(前編)

(月刊誌『会計情報』2017年7月号)

日本公認会計士協会監査・保証実務委員会は、専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」(平成28年(2016年)4月27日付。)を公表しています。また、監査・保証実務委員会は、この実務指針の適用にあたっての留意事項をQ&A形式で取りまとめた研究報告として、監査・保証実務委員、会研究報告第29号「専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」に 係るQ&A」( 平成28年(2016年)7月25日付。)を併せて公表しています。(月刊誌『会計情報』2017年7月号)

関連コンテンツ

著者:公認会計士 結城 秀彦

日本公認会計士協会監査・保証実務委員会(以下、「監査・保証実務委員会」という。)は、専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」(平成28年(2016年)4月27日付。以下、「専門実4400」という。)を公表している。また、監査・保証実務委員会は、この実務指針の適用にあたっての留意事項をQ&A形式で取りまとめた研究報告として、監査・保証実務委員、会研究報告第29号「専門業務実務指針4400「合意された手続業務に関する実務指針」に 係るQ&A」( 平成28年(2016年)7月25日付。以下、「Q&A」という。)を併せて公表している。

※続きは添付ファイルをご覧ください

(609KB, PDF)
お役に立ちましたか?