ナレッジ

2017年上半期におけるIPO市場の動向

(月刊誌『会計情報』2017年8月号)

2017年上半期のIPO市場の動向はどのような状況になっているのか、整理しました。(月刊誌『会計情報』2017年8月号)

関連コンテンツ

著者: IPO支援室 公認会計士 中村 公彦

2017年上半期は、国内での景気は緩やかに持ち直し、企業の経済活動は底堅く推移した。日経平均株価は6月2日に1年半ぶりに2万円を超えるなど、堅調に推移し、今後も回復基調が続くとみられている。海外に目を向けると、米国におけるトランプ政権の動向やユーロ圏でのBrexitの影響など、自国保護主義的な政策が足かせになるとの警戒感もあるなかで、海外経済は全体的に明るい見通しである。

このような経済環境の中、2017年上期のIPO企業数は41社(TOKYO PRO Marketへの上場を含む。)となった。以下、2017年上半期のIPO市場の動向を整理してみることとする。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(635KB,PDF)
お役に立ちましたか?