ナレッジ

最近の税務判例の傾向と対策 ~移転価格税制における独立企業間価格の合理性~

(月刊誌『会計情報』2018年3月号)

これまでの移転価格税制に関する判例・裁決例においては、独立企業間価格の合理性が主な争点となっている。そこで、本稿では、この点を中心に取り上げます。(月刊誌『会計情報』2018年3月号)

著者:デロイト トーマツ税理士法人  弁護士・ニューヨーク州弁護士・税理士 北村 豊

移転価格税制とは、内国法人が、外国の子会社などの関連者(国外関連者)との間で、資産の販売や購入、役務の提供その他の取引(国外関連取引)を行った場合に、その取引が、独立企業間価格で行われたものとみなして、法人税を課す制度をいう。ここに、独立企業間価格とは、その取引が、独立の企業の間(非関連者間)で、同様の状況の下で行われた場合に、成立するであろう価格をいう。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(586KB, PDF)
お役に立ちましたか?