ナレッジ

金融庁が「金融審議会『ディスクロージャーワーキング・グループ』報告の公表について」を公表

(月刊誌『会計情報』2018年8月号)

金融庁は平成30年6月28日、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ報告-資本市場における好循環の実現に向けて-」を公表した。

著者:『会計情報』編集部

金融庁は平成30年6月28日、金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ報告-資本市場における好循環の実現に向けて-」を公表した。

〈公表の概要〉
金融審議会「ディスクロージャーワーキング・グループ」(座長 神田秀樹 学習院大学大学院法務研究科教授)においては、平成29年12月より、計8回にわたり、企業情報の開示・提供のあり方について、検討及び審議が行われてきた。
これらの検討及び審議を踏まえ、「ディスクロージャーワーキング・グループ報告 -資本市場における好循環の実現に向けて-」が同ワーキング・グループにおいてとりまとめられたため、公表したものとされている。
なお、本報告は、今後、金融審議会総会・金融分科会において報告されることとなるとされている。
詳細については、金融庁のウェブページ(http://www.fsa.go.jp/news/28/sonota/20170206-2.html)を参照いただきたい。

以 上

(434KB, PDF)
お役に立ちましたか?