ナレッジ

ASBJが「金融商品に関する会計基準の改正についての意見の募集」を公表

(月刊誌『会計情報』2018年10月号)

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成30年8月30日に、「金融商品に関する会計基準の改正についての意見の募集」を公表した。

著者:『会計情報』編集部

企業会計基準委員会(ASBJ)は、平成30年8月30日に、「金融商品に関する会計基準の改正についての意見の募集」(以下「本意見募集文書」という。)を公表した。

ASBJは、我が国の上場企業等で用いられる会計基準の質の向上を図るためには、日本基準を高品質で国際的に整合性のとれたものとして維持・向上を図る必要があるとの認識のもと、日本基準を国際的に整合性のあるものとするための取組みの一つとして金融商品に関する会計基準を挙げている。

ASBJは、金融商品に関する会計基準の開発(改正)に着手することは、我が国の会計基準を高品質なものとすることにつながり得ると考えており、また、金融危機時以降に改正された国際的な会計基準との整合性を図ることになり、国内外の企業間の財務諸表の比較可能性を向上させることに寄与し得るものと考えている。一方で、仮に金融商品に関する
会計基準を改正する場合には、約20年ぶりの抜本的な改正となり、多くの適用上の課題が生じることが想定されるため、ASBJは、金融商品会計の開発に着手するか否かを決定する前の段階で、適用上の課題とプロジェクトの進め方に対する意見を幅広く把握するために、本意見募集文書を公表することとし、今般、平成30年8月27日開催の第391回企業会計基準委員会において、本意見募集文書の公表が承認されたことを受け、公表することとしたものとされている。

<本意見募集文書の概要>
Ⅰ.本意見募集文書の公表の経緯
Ⅱ.プロジェクトにおいて検討する範囲
Ⅲ.その他の関連する事項
Ⅳ.各分野における主要な論点
Ⅴ.質問事項

別紙 IFRS及び米国会計基準について識別している適用上の課題

Ⅰ.金融商品の分類及び測定に関する主な項目
Ⅱ.金融資産の減損に関する主な項目
Ⅲ.ヘッジ会計に関する主な項目
Ⅳ.開 示(表示及び注記事項)

なお、コメント期限は平成30年11月30日(金)までとされている。

詳細については、ASBJのウェブページ(https://www.asb.or.jp/jp/accounting_standards/misc/misc_others/2018-0830.html)を参照いただきたい。

以 上

(459KB, PDF)
お役に立ちましたか?