ナレッジ

有価証券報告書の開示に関する留意事項

(月刊誌『会計情報』2019年5月号)

本稿では、平成31年3月決算の有価証券報告書の開示に関する留意事項について解説を行う。

無断転載・複写・磁気媒体への入力を禁じます。

著者:公認会計士 大屋敷 知子

本稿では、平成31年3月期決算の会計処理に関する主な留意事項について解説を行う。

本稿では、平成31年3月決算の有価証券報告書の開示に関する留意事項について解説を行う。

本稿で使用する有価証券報告書の記載例は、公益財団法人 財務会計基準機構の作成した『有価証券報告書の作成要領』(平成31年3月期提出用)(以下「作成要領」という)を参考にしている。

以下においては、原則として、指定国際会計基準及び修正国際会計基準に関連する規定については記載していないので、これらに基づく開示を行う会社におかれては注意が必要である。

有価証券報告書の記載としては、例えば次のような記載が考えられる。

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(770KB, PDF) ※印刷不可
お役に立ちましたか?