ナレッジ

金融庁が「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について(平成31年度)」を公表

(月刊誌『会計情報』2019年5月号)

金融庁は平成31年3月19日、「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について(平成31年度)」を公表した。

著者:『会計情報』編集部

金融庁は平成31年3月19日、「有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項及び有価証券報告書レビューの実施について(平成31年度)」を公表した。

1. 有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項について

 平成31年3月期以降の事業年度に係る有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項は以下のとおりとされている。

(1)  新たに適用となる会計制度に係る留意すべき事項

● 平成31年1月に施行された「企業内容等の開示に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」による改正

●「『 税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等の公表を踏まえた財務諸表等規則等の改正

(2)  有価証券報告書レビューの審査結果及び審査結果を踏まえた留意すべき事項

● 改正後の内閣府令(改正開示府令)に関連する開示

● 引当金、偶発債務等の会計上の見積り項目

● 繰延税金資産の回収可能性

※続きは添付ファイルをご覧ください。

(453KB, PDF)
お役に立ちましたか?