出版物

経理規程ハンドブック(第9版)

関連コンテンツ

本書は、経理に関する各種規程の作成や見直しをする際の手助けとなるよう、平成8年9月に初版を刊行し、以来、制度改正等に対応するために改訂を重ねており、このたび第9版を刊行いたしました。
本書では、第1部において、経理関連規程の考え方・作り方を説明した上で、第2部において、経理規程をはじめ勘定科目処理要領、原価計算規程、棚卸資産管理規程など全部で19の経理関連規程について、わかりやすく解説しています。各規程ごとに基本的な「考え方」と「内部統制上の留意点」を示した上で、各規程の条文ごとに「キーポイント」を設け、規定作成にあたっての考え方や検討事項を具体的に説明しています。また、各章の「実践編」では、具体的な規程のサンプルを示しています。
第9版では、2013年刊行の第8版以降の改正基準(退職給付会計、企業結合会計、連結会計)や「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」等の改正をフォローしています。
また、重要性の高まる内部統制について規程化を行い、第6編〜第14編においては、各管理規程に特有の「内部統制上のポイント」と規程の条文との関係を理解しやすいようにわかりやすく紹介しています。
本書が、経理関連規程を作成する際、または現在の規程を見直す際、利用する際に役立てていただければ幸いです。

 

書名

経理規程ハンドブック(第9版)

出版

中央経済社

編者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体9,800円+税

出版

2016年4月

ISBN

978-4-502-17141-3

 

お役に立ちましたか?