出版物

公認会計士試験論文式 監査論ケーススタディ25(第2版)

関連コンテンツ

本書は、公認会計士試験論文式試験「監査論」の受験生を対象とした問題集ですが、公認会計士の修了考査にも役立つ内容となっています。監査の事例問題を25問のケーススタディとして提供し、これを解答することで監査論の理解が深まるように工夫しています。公認会計士の監査とは、どのようなものかを理解するために活用して頂いてはと考えます。
第2版においては、直近の監査基準の改正、不正リスク対応基準の新設、JICPA監査基準委員会報告書の全面改訂を取り入れ、「監査論」の学習に最適となるように新たな視点から問題を検討しなおし、解答・解説もアップデートしています。
本書が公認会計士試験の受験対策としてはもちろん、監査における「実践的な思考力」「判断力」等の陶治や監査の手法等の理解を深めることに役立てていただければ幸甚です。

第1問 金融商品取引法における監査制度
第3問 会社法における監査制度
第6問 正当な注意と懐疑心
第7問 不正・誤謬
第10問 分析的手続
第11問 監査上の重要性
第15問  事業上のリスク等を重視したリスク・アプローチ
第18問  会計上の見積りの監査
第20問 継続企業の前提
第23問 後発事象
第24問  監査要点と財務諸表の適正性
第25問  経営者による確認書

書名

公認会計士試験論文式 監査論ケーススタディ25(第2版)

出版

中央経済社

著者

石黒訓、山添清昭他

価格

本体2,400円+税

出版

2013年12月

ISBN

978-4-502-08800-1

お役に立ちましたか?

関連トピック