出版物

キーワードでわかる退職給付会計(三訂増補版)

関連コンテンツ

2012年(平成24年)5月に新しい日本の退職給付会計基準が公表されました。また、2011年(平成23年)6月に新しいIAS 第19号「従業員給付」が公表されました。退職給付会計もまた大きく変わろうとしています。

本書は刊行以来、「これ一冊で、退職給付に関する最新の制度、年金数理、会計、税務を、基礎から実践的な対応まで幅広く網羅的に理解できる」ことをコンセプトとして版を重ねて参りました。

三訂増補版では、特に以下に力を入れて、基礎から最新の実務上の応用論点までを織り込んで、網羅的に解説しました。

(1) 新しい日本の退職給付会計基準について、図表や数値例を使い、重要なポイントをわかりやすく実践的に解説した。
(2) 新しい国際会計基準の主旨と実務対応上のポイント、誤解しやすい論点をまとめた。
(3) 基礎知識編、制度見直し編も含め、最新の状況を踏まえ、内容をアップデートした。
(4) 読者の判断に資するよう、できるだけ考え方のパターンや根拠を示すように工夫した。

本書は、新しい日本の退職給付会計基準と、新しい国際会計基準(改訂IAS 第19号)の理解に資することはもちろんのこと、退職給付会計の基礎知識から応用実務まで、ほとんどの論点をカバーしており、読者のさまざまなニーズに応えられると自負しています。

また、この1冊で読者のあらゆるニーズにできるだけ応えられるよう網羅性を重視したため、900ページ近くにもわたる書物になりました。

本書が、二訂増補版にも増して、知識の整理や実務対応の手引きとして、少しでもお役にたつことができればと思います。

 

書名

キーワードでわかる退職給付会計(三訂増補版)

 

出版

税務研究会

 

著者

井上 雅彦

 

価格

本体4,400円+税

 

出版

2013年6月

 

ISBN

978-4-7931-2031-2

 
お役に立ちましたか?

関連トピック