出版物

企業会計における時価決定の実務

関連コンテンツ

本書は、時価主義会計を解説したものではなく、投下資本の回収計算の視点から、会計基準における時価の概念を体系的に考察したものです。構成は大きく第1部と第2部に分けられています。第1部では会計基準における測定を考察し、第2部では会計実務においてどのように時価を入手しているのかに係る具体的例について述べています。

目次
第1部 企業会計基準に見る評価規程
 第1章 企業会計における評価
 第2章 従来の資産評価の体系
 第3章 会計基準の評価規程
 第4章 投下資本の回収計算としての企業会計
第2部 時価算定の実務
 第1章 金融商品
 第2章 有価証券
 第3章 棚卸資産
 第4章 土地
 第5章 外貨建取引
 第6章 退職給付

 

書名

企業会計における時価決定の実務

出版

清文社

著者

阿部 光成、安藤 佳道

価格

本体2,800円+税

版型

A5判

頁数

347頁

出版

2004年11月

ISBN

4-433-25424-X

お役に立ちましたか?

関連トピック