出版物

有価証券報告書・四半期報告の記載事例分析 平成23年版

関連コンテンツ

企業におけるディスクロージャーの重要性はますます高まっており、中でも有価証券報告書によるディスクロージャーはその中心的な役割を担っています。

本書における記載事例分析は、業種等のバランスを考慮した上で選定した300社について、主として平成22年3月期の有価証券報告書を対象として記載事例の分析を行っています。また、四半期報告書については、主として平成23年3月期第1四半期を対象として分析を行っています。

有価証券報告書等の各記載項目について、「記載要領等」「記載事例分析」及び「記載事例」を示しており、連結財務諸表規則等の改正や開示府令の改正内容についても整理しています。

有価証券報告書等の作成に当たっての参考資料として広く役立てていただければ幸いです。

 

書名

有価証券報告書・四半期報告書の記載事例分析 平成23年版

出版

商事法務

編者

有限責任監査法人トーマツ トーマツテクニカルセンター

価格

本体5,200円+税

出版

2010年12月

ISBN

978-4-7857-5186-9

お役に立ちましたか?

関連トピック