出版物

退職給付会計実務の手引き

関連コンテンツ

本書は、2012年(平成24年)に改訂され、2014年(平成26年)から適用となっている「改正退職給付会計基準」に準拠した実務対応の手引書として執筆しました。

会計処理、数理計算、税務処理、退職給付制度に関する重要な論点を網羅しており、これ1冊で退職給付会計に関する実務対応は万全になるよう、項目、構成、解説の仕方などを工夫しました。

改正基準に完全対応したうえで、期中及び決算の実務一巡や数理計算の考え方、退職給付制度や税金との関係など、実務対応するうえで必ず理解しておくべき論点や課題を、網羅的にかつ噛み砕いて解説することで、真の意味で「実務の手引き」となるよう努めました。

なかでも特に本書のキーとなる以下の点にこだわって記述を充実させました。

1. 改正基準を踏まえ、実務の「流れ」を重視した解説を徹底すること。
2. 当初想定しておらず改正基準適用後に実務上明らかとなった課題や、影響を織り込んで解説すること。
3. 重要性基準の適用、期間帰属方法の選択、割引率の見直し等、バラエティーのある実務対応が可能なテーマについて、最善の選択に導く考え方とその根拠を明示したこと。
4. 仕訳、図表、ワークシート等を駆使して、肌感覚で理解ができる解説をすること。

本書により、経営陣や管理者層の方々が適切な意思決定を行うことができるように、また、人事・企画、財務経理その他の関係部署の方々が迅速で的確な実務対応ができるように、お役にたてていただければ幸甚です。

書名

退職給付会計実務の手引き

出版

税務経理協会

著者

井上 雅彦 他

価格

本体2,800円+税

出版

2014年12月

ISBN

978-4-4190-6176-0

 

お役に立ちましたか?

関連トピック