出版物

日本版SOX法実施基準対応 内部統制実践ガイド

関連コンテンツ

2007年2月に実務家待望の内部統制実施基準が企業会計審議会から公表されました。ようやくこれで日本版SOX法の全貌が明らかになったといえます。日本版SOX法は、2008年4月1日以降開始する事業年度から全上場会社に強制適用される制度であり、内部統制実施基準の確定によりすべての上場会社で一斉に制度対応のための準備作業が始まることになります。本書は、2005年10月に発売された「内部統制実践ガイド」の改訂新版であり、日本版SOX法に適用するための基準である内部統制基準と内部統制実施基準を合わせて解説したものです。両基準は合わせて100ページを超える大部であり、内部統制評価実務に精通していない人にとって読みこなすことは容易ではありません。そこで、本書では、両基準を平易かつポイントを絞って解説してあります。また、読者の理解を促進するため、初版から引き続きチェックリストに基づく会社診断を用意するとともに、ケーススタディを追加しました。ケーススタディは、評価範囲の決定から有効性判断までの全体を俯瞰した画期的なものと自負しています。本書が、企業内の実務家のみならず、経営者、公認会計士、学習者に広く読まれることを期待しています。

目次
第l部   内部統制で何がどう変わる!
第ll部   内部統制実施基準のポイント
第lll部   [ケーススタディ]内部統制の有効性評価
Appendix  財務報告に係る内部統制の評価及び監査の実施基準(抜粋)

書名

日本版SOX法実施基準対応 内部統制実践ガイド

出版

ダイヤモンド社

著者

監査法人トーマツ エンタープライズリスクサービス / 久保恵一、杉山雅彦、仁木一彦、森谷博之

価格

本体2,400円+税

版型

A5判

出版

2007年3月

ISBN

978-4-478-00065-6

お役に立ちましたか?