出版物

退職給付会計の経理入門

関連コンテンツ

退職給付会計は導入後10年近く経過しましたが、依然として財務諸表の作成者からも利用者からも「分かりにくい」との声が聞かれます。 

本書は、退職給付会計の各場面ごとに、具体例を交えつつ実務上の作業フローを理解出来るよう、時系列に沿って解説しています。特に退職給付会計のワークシートを使った数値例の計算過程もステップごとに解説していますので、読み進めるうちに退職給付会計の全体像が理解できるようになっています。 

また、退職給付会計を担当する経理担当者が直面する課題である退職給付制度、連結上の取扱い、税務、税効果なども取り上げ、経理担当者として社内外と連携し何をすべきか、そして、最終的にどのように会計処理をすべきかといったところまでフォローしています。 

退職給付制度の変更など特殊な事象に関する会計処理は、頻繁に起こることがないため社内にノウハウも蓄積しにくくなっています。本書をお読みいただければ、経理担当者としてなすべきことの全体像を理解したうえで、初めて直面する事象に対しても対処をすることができます。 

IFRS の導入を控え、そもそもの日本の退職給付会計をきちんと理解する必要があるという声を聞きます。そのような経理実務を行っている皆様に対しても本書は入門書としてすぐにお役に立つものとなっています。

 

書名

退職給付会計の経理入門

出版

中央経済社

編者

有限責任監査法人トーマツ

価格

本体2,600円+税

出版

2010年3月

ISBN

978-4-502-22450-8

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック