出版物

「世界水準」の思考法

関連コンテンツ

『世界標準の仕事術』の続編として、世界標準の仕事術の前提となる世界水準の思考法について書きました。典型的な日本企業や日本人が中心の組織でみられる日本的な考え方を思考法1.0と位置付け、それとは異なるこれまでの世界水準の思考法を思考法2.0とし、さらに、これからは、1.0と2.0をうまく使い分けたり、組み合わせることが必要なので、それを二刀流思考法と名付け、思考法3.0として紹介しました。

たとえば、現在のグローバル企業のトップを見ると、スティーブ・ジョブズを筆頭に、日本的な要素、東洋的な要素も持っているケースが多いようです。そこで、日本的な考え方「1.0」、(従来型の)世界水準の思考法「2.0」、今後のグローバル社会にふさわしい考え方「3.0」として、それぞれを解説しながら、グローバル社会で日本人として成果をあげるための(日本人である読者が勝ち抜くための)考え方を提案しました。

さらに、前著の世界標準の仕事術と今回の世界水準の思考法を土台にして、日本人およびアジア人の中から、グローバルリーダーをうみだすための、グローバル人材開発研修(初級から中級レベル)も開発したので、来年から展開したいと考えています。

 

書名

「世界水準」の思考法 

 

出版

日本実業出版社

 

著者

山本 成一

 

価格

本体1,500円+税

 

出版

2012年9月

 

ISBN

978-4-534-04990-2

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック