出版物

新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさい!

関連コンテンツ

社員全員が管理職になる時代ではありません。そのため企業は「管理職になるために何が必要なのか?」を真面目に考える必要が出てきました。管理職になれない社員への説明責任もあるからです。ところが現実は、会社の状況に応じて管理職の要件を頻繁に変えている企業も少なくありません。

管理職として求められる要件が頻繁に変れば、世代によって管理職としてのマネジメントスタイルはバラバラになります。

「何があっても売上を上げろ!」と業績必須の古い管理職や「まずは戦略を考えて、それから行動すべし」と部下に語るイマドキの管理職など、人によってマネジメントスタイルが違っていたら混乱するのは部下です。

本来は一度リセットして会社で求める管理職の役割を一元化した方が良いのですが、そこまで手の回らない企業がほとんどのようです。

本書は、そのような企業の助けとなるべく、いま求められる管理職のルールを紹介した1冊です。

「仕事の進め方」「業績の上げ方」「部下への対応」そして「法令の守り方(コンプライアンス)」。知らないと怖い、でも、身につけていれば心強い管理職のルールです。

特に、「法令の守り方(コンプライアンス)」は、会社を守り、部下を守り、そして自分自身を守るための必須のスキルとなりました。

管理職を目指している方だけでなく、すでに管理職となっている方にも読んでいただきたい一書です。

 

書名

新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさい!

 

出版

ダイヤモンド社

 

著者

仁木 一彦 他

 

価格

本体1,429円+税

 

出版

2010年1月

 

ISBN

978-4-478-00537-8

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック