出版物

戦略のパラドックスへの解 実践手法と業界別ケーススタディ

関連コンテンツ

本書は2008年の1月に発刊した『戦略のパラドックス』の実践編です。同書では「戦略を実行して成果を出すには強いコミットが必要だが、そのことが戦略の硬直化をもたらし市場環境の変化に追随できなくなる」というパラドックスと、これを克服するための「戦略的柔軟性」という考え方が説明されています。戦略的柔軟性のポイントは、「複数のシナリオによって将来を面でとらえる」および「中核戦略にコミットする一方で、偶発戦略によって戦略の柔軟性を高める」の2点に集約されます。

本書では、「戦略的柔軟性」を実現するための実践的な手法について航空運輸業界を例に解説しており、ワークシートを交えた具体的な内容となっています。また、この手法を自動車・医療機器・通信・小売の各業界にあてはめた場合の事例を紹介するとともに、戦略的柔軟性の観点から主要プレイヤーの動向を解説し、そこから得られる提言も行っています。

資源価格やサブプライム問題に代表されるように昨今のビジネス環境はめまぐるしく変化しており、戦略的柔軟性の必要性も高まっています。このように不確実な状況を乗り越える、あるいは積極的にチャンスに変えるために有効な手法と実践のためのヒントを得られる内容となっています。

目次
第1章 戦略的柔軟性[Strategic Flexibility]の必要性とその実践法
第2章 自動車業界
第3章 小売業界
第4章 通信業界
第5章 医療機器業界

 

書名

戦略のパラドックスへの解 実践手法と業界別ケーススタディ

出版

翔泳社

編者

松下 芳生、佐瀬 真人、高橋 俊成、細川 敦邦、大日方 隆、西川 陽介 他(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)

価格

本体1,600円+税

出版

2008年10月

ISBN

978-4-7981-1772-0

 

お役に立ちましたか?

関連トピック