出版物

永続企業を創る戦略バランスとレバレッジ会計マネジメント

関連コンテンツ

本書は、会計のミッションが、企業のミッション〈世のため人のために役立ち永続すること〉に貢献することであるとの認識に立ち、企業永続のための会計マネジメントの内容を明らかにしたものです。

日本や欧米の長寿企業を事例に取り上げ、窮地を脱し持続的成長を成し遂げてきたマネジメントの軌跡を振り返ることにより、永続企業に共通の視点をまとめています。

企業が永続するための要諦は、「人」と「強み」を活かし、「短期」と「長期」のバランスを図ることです。

環境変化に対応し短期的な収益を獲得できなければ「現在」を乗り切ることができません。一方、長期戦略に基づく持続的な成長能力・成長基盤がなければ、収益は一過性のものとなり、将来にわたって繁栄することはできません。経営資源は有限であるため、短期と長期にどのように資源を配分するか、および、環境変化への即応という短期的行動と人財育成やイノベーションに代表される長期的行動のバランスをいかに図るか、が永続経営の極意といえます。

本書は、「永続マップ」というマトリクスを用いて、短期と長期の「戦略バランス」、および“すてる”ことで成果のあがる強みに集中する「レバレッジ会計マネジメント」の内容を明らかにします。

 

書名

永続企業を創る戦略バランスとレバレッジ会計マネジメント

 

出版

同文舘出版

 

著者

星野 雄滋

 

価格

本体2,200円+税

 

出版

2015年1月

 

ISBN

978-4-4953-8461-6

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック